subscribe to the RSS Feed

Friday, August 18, 2017

市場の問題点

環境問題自由競争市場は、基本的に弱肉強食であり、ほうっておけば貧富の差は開くようにできています。

価格の自動調整システムは、稀少な労働力(高いスキル・生産性を持った人)に高い所得が分配されるといいかえることもできます。

所得分配に関する公平さは、どのような社会を目指すかによって議論の内容も大きく変わる難しい問題です。

高額所得者に対して過度に高い税金をかければ、彼らの多くは国籍を変えるかもしれませんし、そうなれば結果的に税収は減り国家は貧しくなります。国が貧しくなれば、福祉やセーフティネットも十分なものにすることができません。

逆に高額所得者を優遇しすぎると、格差が拡大し、階級闘争が激化・治安の悪化につながります。国家は治安の維持に大きなコストを払わなくてはならなくなります。また中流家庭の多くが低所得層に代われば、国内の総需要は大きく減少し経済効率は悪化、国家の経済成長の妨げになります。

さらに、市場を放置すると環境汚染に歯止めがきかなくなるという弊害もあります。価格の自動調整システムだけでは解決できない社会的損失は無数に存在します。

参考文献-初歩の経済学

home | top