subscribe to the RSS Feed

Wednesday, June 28, 2017

産業革命

産業革命18世紀から19世紀にかけて、産業革命が起こります。

産業革命とは、工場制機械工業の導入による産業の変革と、それに伴う社会構造の変革のことです。産業革命はイギリスを震源地にヨーロッパ・アメリカ・日本に伝わり、歴史上かつてないほど強力で高度な機械的文明を生み出しました。

産業革命は多くの農民を工場労働者に変えていきます。

蒸気機関が人間の肉体労働を機械化すると、各地に工業都市ができ、そこに工場労働者が集中するようになりました。そしてそれに伴い、これまでの大家族は移動性のある核家族に変わります。

夫は工場に出て生活費を稼ぎ、妻は育児と家事に専念、子どもの教育は学校に任せるというシステムができあがっていきました。さらに数々の新発明や新発見がなされると、それによって生産力が爆発的に上がりました。

やがてベルトコンベアトランスファーマシンによる分業化・機械化により、婦女子でも作業が可能となります。

人間が機械の一部分となり、反復作業へと駆り立てられるようになると、人々の生活や考え方は画一化されるようになっていきました。そして、産業革命は農業社会とは比較にならないほどに、一般庶民の生活水準を引き上げることに成功しました。

こうした工業化に成功することをテイク・オフ(離陸)と呼びます。また、このようにして出来上がった社会は工業化社会と呼ばれました。

参考文献-初歩の経済学

home | top