情報革命(IT革命)

IT革命情報革命(IT革命)とは、情報技術の発展により生活や社会が変革することです。

コンピュータ技術の発展によって、それまでの人間の精神労働の一部が機械化しました。

またIT技術が発達したことで、職種によっては定時にはじまり定時に終わるという形式から、伸縮自在なフレックスタイム制に移行しています。製造業の分野ではIC,LSIを使ったマイコンの登場によって、一品大量生産から多品種少量生産への転換がなされました。

ロボットのほかに、NC(数値制御装置)と結びついた複合工作機械が導入されたことで、人間が単純な肉体労働から解放され、生産過程の構造そのものが変わりつつあります。

工業化が行き着いた果てに、情報が最も重視される社会へと大きく変わることが予想されます。具体的にどんな社会になるのかイメージすることは難しいですが、この新しい社会では発展的、民主的なコミュニティが期待されると同時に、情報格差に対する危惧の声もあります。

ダニエル・ベルやアラン・トゥレーヌはこの情報化社会のことを「脱工業化社会」と呼びました。

参考文献-初歩の経済学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。