subscribe to the RSS Feed

Monday, April 24, 2017

GDP(国内総生産)

GDP長い間、一国の経済規模の指標としてGNPが使われてきましたが、各国の企業がグローバル化してくるとGNPでは都合が悪くなります。

たとえば在日アメリカ企業が生み出した付加価値は、企業の国籍がアメリカなのでアメリカのGNPに算入されます。従業員の多くや、商品の消費者のほとんどが日本人であってもです。

日本国内における外国法人(支店を設置していたり、長期の建設事業などが行われている)は日本の税制で課税されます。もちろん二重課税を防ぐために日本で納税した税金は本国で控除されるようになっています。在日外国企業による恩恵の多くは、日本が受けるということになります。

※ただし、パチンコ賭博やマルチ商法など経済的には現地の住民が最終的に貧しくなるだけという業種も存在します。

このように、各国のGNPが国境をまたがって算出されることになると、一国の経済規模が正確に表せません。そのため、国民総生産(GNP)ではなく国内総生産(GDP)が用いられるようになりました。GDPは国内総所得でもあります。

home | top