subscribe to the RSS Feed

Friday, August 18, 2017

財務諸表 ディスクロージャー

ディスクロージャー会社は利害関係者(株主、従業員、取引先、債権者、銀行など)に対して業績や財務状態を開示する義務を負っています。これをディスクロージャーと呼び、開示された書類は財務諸表と呼びます。

財務諸表には、損益計算書賃借対照表、利益処分計算書、製造業の場合には製造原価報告書、などがあります。最も重要なのが損益計算書と賃借対照表(バランスシート)です。

損益計算書は一会計期間の収益と費用とを記載し、その差額としての当期純利益を示す計算書です。利益はプロフィット(p)、損益はロス(L)なので、”P/L“と略されます。

バランスシートは一定期日の財政状態を明らかにし、決算日の資産・負債・資本の状態を示す計算書です。balance sheetなので”B/S“と略されます。

損益計算書

収入(売上高)から商品の仕入れに使った原価を差し引いたものを粗利(売上総利益)といいます。従業員の給与、減価償却費、修繕費、雑費は販売費及び管理費といいます。

「粗利」-「販売費及び一般管理費」=「営業利益

となり、営業利益が本業の利益とされます。

企業は本業のほかに、お金を貸したり株に投資したりして利息や配当金を受け取ることで利益を得ることがあります。これは営業外収益と呼びます。いわゆる財テク(財務テクノロジー)です。

「営業利益」+「営業外収益」-「営業外費用」=「経常利益

となります。経常とは毎期だいたいこれくらいという意味です。

土地などを売却すると大きな利益が出ますが、こういった一時的なものは特別利益といいます。また火災事故などで工場が損壊した場合、特別損失として計上します。最終的には、

「経常利益」+「特別利益」-「特別損失」=「税引き前当期純利益

となり、株主への配当、役員への賞与、内部留保は ”税引き前当期純利益” から払われます。

バランスシート(賃借対照表)

バランスシートは左右に分けられます。左側は借方と呼ばれ、資産の部があり資産の額が記載されます。右側は貸し方と呼ばれ、負債の部純資産(自己資本)の部があり、負債の額と純資産の額が記載されます。資産の部、負債の部は、一般的に流動性の高いものから順に記載されます。

バランスシートの貸方(右側)は、会社の設立・運営のためにどのように資金を調達したかを表しており(負債は借金、自己資本は元手)、借方(左側)は調達した資金をどのように使ったかを表しています。

バランスシートの借方の総額と、貸方の総額はぴたりと一致します。

参考文献-初歩の経済学

home | top